一般整骨(保険診療)

その痛み、痺れ、張り。
アガー整骨針灸整骨院で改善できますよ。

『整骨院』ってどんな施設かご存じですか??

みなさんは整骨院はどういうときに行くところか知っていますか?
捻挫や突き指等のケガをしたときや、慢性&急性問わず腰痛が生じた際は誰に相談されていますか??

多くの方がお近くの『病院・クリニック・整形外科』さんにお世話になっていると思います。
診療できる範囲は病院と比較すると限られておりますが、実は整骨院も病院に負けず劣らず、慢性&急性問わず腰痛や肩・関節痛の治療を得意としている施設なんです

実際に体験された患者様のお声を御覧ください

整骨院では病院と同じように保険を使った診療が行えます。

整骨院は、柔道整復師という免許を持っている施術師が施術(治療)を行っているところで、基本的には、ぎっくり腰・寝違い・ねんざといった急な痛みが出てきたときにご活用頂ける施設です。

他にも、野球でデッドボールを受けたときや、サッカーで蹴られたときなど、急性の痛みであれば同じように保険診療を受けられます。

一方で、原因はよく分からないがだるい・イライラする・疲労が溜まっているといった慢性的な症状は、急性の症状ではないので針灸やマッサージの領域に区分され、『実費治療』として受診・改善のお手伝いをすることが可能です

アガーでは、保険診療と同じぐらい『針灸』を使った症状改善でご来院されている方が多いのも事実ですね。実費診療でご来院される方の多くが、お薬や病院でのリハビリテーションでは中々改善が見えなかったりして、アガーにご相談され改善・お喜び頂いている方が多いです。

どちらせよ、整骨院の施術者は筋肉や関節・骨格等、人体に詳しい方が多いのでおカラダに不調を感じた場合はご相談することをお勧めしております。

クイックマッサージ店やカイロプラクティクとの違い

整骨院と似たような業態に、針灸・クイックマッサージ・カイロプラクティク・整体・指圧院などがありますが、実際には国の免許制度があるのは、整骨院の柔道整復師、あん摩マッサージ師、針師、灸師の4つだけです。これら4つの領域で施術を行っているところは、保健所に開業の申請を出して、待合室の作りや消毒設備の導入といった基準を満たしていることが認められているということです。

アガーの場合、柔道整復師・針師・灸師の資格を施術を担当する新垣院長がしっかり保有しておりますので、より安心して頂けると思っています。

寝違いやぎっくり腰になってしまったら

人間のカラダは、疲労が溜まっていっても頑張ることができるため、頑張って頑張って我慢していくと、あるとき急に束になっている筋繊維の一部が切れて損傷を起こしてしまいます。これが寝違いやぎっくり腰の仕組みです。筋繊維が切れているということは、カラダの中に傷があるということです。

そのため、下手に揉んだり温めたり冷やしたりしてしまうと返って悪化または長引いてしまう場合がございます。湿布等の部分対処だけで安心・放置せずに、まずは早めにアガー整骨針灸院へお越し頂く事をお勧めしております。

治療前後のカラダの状態を、しっかり確認します

患者さんがお越しになったときは、いつからどんな痛みが出てきたのか、そして病院には行ったのかどうか?をきちんと細かく確認するようにしています。

さらに、患部を触って腫れや熱はないかを確認してから、超音波治療などを開始します。そして患者さんからのヒアリングもしっかりと行って、どこがどれくらい動くようになったのかは毎回治療前後に確認するようにしています。

患者さんの痛みや痺れは、言葉でしか理解できませんが、身体の動きはお互いに共有することができる大事な情報なのです

現状、お悩みの症状がございましたらお気兼ねなくご相談下さい。
事前にお電話にてご予約をして頂けると待ち時間が少なく受診が可能です。飛び込みでのご来院も大歓迎です。